更年期障害ナビ 更年期障害の症状〜治療、薬の知識

更年期障害の基本的な知識や原因、症状、治療法、薬について説明しています。また男性の更年期障害や漢方薬、サプリメントについての最新情報もお伝えします

更年期障害

更年期障害とは

更年期障害とは、女性の閉経前後にあらわれる様々な身体の不調のことをいいます。更年期は英語で「メノポーズ」といい「月経が止まる」という意味です。女性は40歳〜60歳で閉経をむかえますが、閉経前後には女性ホルモン(エストロゲン)が減少して、自律神経が乱れ体調に大きな変化をもたらします。これが更年期障害のつらい症状の原因となっているのです。

男性の更年期障害

更年期障害といえば、女性の病気と思われがちですが男性の更年期障害もあります。男性の更年期障害は40〜50代に発症することが多く、男性ホルモンが減少することで、頭痛や肩こり、めまい、男性機能の低下、うつなどの症状があらわれます。当サイトでは、更年期障害の症状治療に関する基礎知識をわかりやすく説明していきます。また、更年期障害の相談やホルモン補充療法、食事に関する最新情報もお伝えしていきます。

更年期障害 予防

更年期障害との上手なつきあい方

体は正直だなあと思います。いくら気持ちは若く、運動も適度に、美容も怠りなくやっていても、体は正直。どうしたって衰えてくるのです。みんな最初は美容的なところから年取ったなあと感じます。40を過ぎた頃から、肌の悩みは切実になってきます。シミやくすみ、たるみ。それからすぐ疲れてしまって、よっこらしょ、なんて言ってしまう。おばさん的な自分を発見して苦笑。そして生理が不順になってきたとき、頭の片隅に「更年期障害」の電光文字がスイッチオン。

そして50歳近くになると、身をもって更年期障害の大変さを実感するのですね。それは気分的なもの以上に、身体的に出るもの。のぼせ、ほてり、発汗。これが更年期3大症状。めまいや頭痛、とにかくだるい、肩こり・腰痛がはんぱじゃない、皮膚が異様にかゆい、手足が冷える、便秘がちになった、動悸や息切れがする、食欲減退などに加えて、気分の落ち込み。こんなたくさんの症状が、人によっては一気に押し押せてくるのだからたまらない。なかにはほとんど自覚症状が無かったという更年期障害知らずのラッキーな女性もいます。しかし、なんらかの症状を自覚することになると思っていたほうがいいでしょう。日本ではまだまだ普及していないけれど、ホルモン補充療法という選択もあります。婦人科では更年期外来を設けているところが増えてきました。更年期障害の前触れ的な自覚症状が出てきたら、一度、信頼できる婦人科を受診してみてください。決して損にはならないと思います。

更年期障害の症状

最近多くのメディア、雑誌なので取り上げられる事が多くなった「更年期障害」ですが、未だその認識不足が指摘されている病気の一つだと言われています。では「更年期障害」とは一体どのような症状なのかを、もう一度確認してみましょう。更年期障害は一般的に45〜55歳の女性、男性共に症状の現れる病気と言われています。ここでは便宜上「病気」という言葉は使っていますが、症状の重い軽いの差ははありますが「誰にでも症状が出る」ものであり、病気と言うよりは誰もが通る人生の地点であると考えましょう。ではその更年期障害の症状ですが、「これは人によって千差万別」の症状が現れます。「動悸、息切れ、冷え性」などの自律神経系症状から、「頭痛、めまい、耳鳴り」などの神経系症状などを始め運動器官の症状など、更年期障害の症状は複雑な症状があります。更年期障害は治療を行なう事で治る病気です。更年期障害が疑わしい症状を覚えたら、無理をせず医師に相談をして、適切な治療を行ないましょう。

更年期障害と「うつ」

更年期障害には身体的な症状の他にも精神的な症状なども現れてきます。精神的な症状の代表的なものが「うつ」です、この「うつ」非常に危険な症状であり「うつ」によって自律神経の症状がさらに悪化してしまうという事もあるのです。更年期障害によって「うつ」を発病してしまう人は以外にも多いのです。では更年期障害から「うつ」が発病してしまう事を防ぐ為にはどのようにすれば良いのでしょうか?更年期障害から「うつ」の原因となるストレスを感じない為には更年期障害を知ることが重要と言えるでしょう。まず、更年期障害は特別な病気では無いと言う事を理解しましょう、誰もが更年期を迎えると症状の強弱はありますが更年期障害になるのです。 次に辛いと感じた時には医師や家族に相談をすると言う事を心掛けましょう。また周囲に更年期障害で「うつ」の兆候のある人には積極的にサポートすることを心掛けるようにしましょう。更年期障害に限らず「うつ」の治療には周囲の人のサポートが必要です。更年期障害の「うつ」に対して、高め本人と周囲それぞれが知識を高めて行く事が最も重要と言えるのです。

スポンサードリンク

更年期障害 ワンポイント

Copyright 2008-2013 更年期障害ナビ 更年期障害の症状〜治療、薬の知識 All Rights Reserved.